TOPスポンサー広告アトピー研究の動機

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPアトピーアトピー研究の動機

アトピー研究の動機

 昭和59年に医師免許を取得した私は東京大学医学部付属病院で研修を始めました。当時の自分は二つの道のどちらを選ぶかで迷っていました。一つは臨床家として困っている人を助ける道、もう一つは研究者として世界一流の発見をする道でした。小児科学教室に入局後すぐに休暇をもらって単身タイの山村でのボランティアに出かけました。当時タイではエイズの流行が始まったばかりで病気の知識も治療技術も医療器材も医薬品も全てが不足していました。病気が流行すると病院には患者用のベッドも不足し、廊下に釘を打ち付けて点滴を受けさせる状況でした。数週間のボランティア勤務で実感したことは自分の力不足、小さな二本の手で助けることの出来る人の数は一生かかっても数百人に満たないだろうと謂う悲観的な現実の実感でした。東大病院に戻り多くの優秀な先輩に学ぶ中で自分は研究者として生きようと決意しました。良い研究をすれば何万人いや何百万人の人々を幸せに出来るはずだ・・これが自分に研究者への道を指し示した最初の思いでした。静岡県の病院に赴任して小児科臨床医として働くようになった私は当時決定的な治療法を模索していたアトピーの撲滅の為の研究をライフワークに選びました。
スポンサーサイト

カテゴリ:アトピー
| Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。