TOPスポンサー広告プロバイオティクスによるアトピー性皮膚炎の初期予防(2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPアトピープロバイオティクスによるアトピー性皮膚炎の初期予防(2)

プロバイオティクスによるアトピー性皮膚炎の初期予防(2)

原著は Ji G.E.: Probiotics in primary prevention of atopic dermatitis : Forum of nutrition 2009; vol.61, pp117-128 で、主として2000年以降に発表された、プロバイオティクスによるアトピー性皮膚炎の初期予防に関連する約40編あまりの英文医学論文のレビュー(総説)記事である。全体が2部構成になっていて、前半がヒトでの治験データを収集し、後半が細胞分析手技と動物実験のデーターを収集している。今回はこの論文中に掲載されている図版を元に、ビフィズス菌、アシドフィルス菌等をヒトに使用してアトピー性皮膚炎を予防、あるいは治療する根拠となるProbioticsの免疫調節メカニズムについて概説する。

パイエル板の免疫2

ヒトを含む哺乳類の腸管内には、いわゆる善玉菌として宿主と共存している腸内細菌叢が存在する。これらの細菌類は宿主に与える利益を期待して、Probioticsとして使用されているが、その免疫調節作用メカニズムが明らかになってきた。
上図に示されたのは、Probioticsが腸管上皮のパイエル板で免疫担当細胞に影響して、アレルギーの発病を阻止・予防する、端的に言えば食物等の外来異物を攻撃標的と認識しないメカニズムに関与するモデルである。

図の中に書き込んだように、Probioticsは、①腸管上皮細胞に接触して細胞内シグナル伝達に影響を与えて、TGF-β,IL-8,PGE2の分泌を促進する。②さらに腸管上皮の免疫調節機能中心であるパイエル板のM細胞にその生産物質と共に取り込まれ、免疫担当細胞に提示される。③樹上細胞が提示された情報を受け取り、未分化・未成熟のT細胞をレギュラT細胞(Th3,Tr1)へと分化・成熟させる。④同じくマクロファージがM細胞から情報を受け取り、IFN-γ,IL-4,IL-5を調節してTh細胞の機能分化に影響をあたえる。⑤IL-10,TGF-β,IFN-γのシグナル誘導により、T細胞の分化・成熟が正常に発現してアレルギー炎症の発病を抑制すると共に、食物への経口的脱感作を獲得する。

以上が上の図で示された、善玉菌が腸管内でどのように作用しているかを示す免疫システムのモデルである。
次に乳児のアトピー性皮膚炎を善玉乳酸桿菌の経口投与で予防するメカニズムを提示する。

アトピー性皮膚炎の発病理論2B

新生児は本来がアレルギー反応を誘発するTh2細胞優位で生まれてくる。この状況のまま無菌的・超衛生的に育てられると、Th2細胞優位のアレルギー性体質に育ってしまい、アトピー性皮膚炎を発病する。

従って、生後の微生物類との接触が必要なのだが、病原性のある微生物類と接触して乳児期に感染症を発病すると、Th1細胞の活性が強化されすぎて、結果的にやはりアレルギー性炎症を誘発・悪化させることになる。これはアレルギー炎症が、①極端に強化されたTh1細胞機能、②さらにレギュラーT細胞の機能低下でTh2細胞がTh1細胞以上に増加する、に見られるT細胞の分化・成熟の異常による免疫機能調節障害として位置づけられることと一致している。

乳児期に病原性のない、いわゆる善玉腸内細菌叢と接触した場合には先の図で示したような、腸管上皮パイエル板での腸管免疫調節システムの正常化を通じて、レギュラーT細胞の活性強化とTh1/Th2細胞比率の正常化を獲得して、アトピー性皮膚炎の発病が阻止・抑制される。

プロバイオティクスによるアトピー性皮膚炎の初期予防(1)でも述べたように、 ビフィズス菌、アシドフィルス菌等のプロバイオティクスのアレルギー疾患予防効果は、これらの菌の生きた状態での凍結乾燥製剤を、1種類の菌よりも多種類の菌を混合した製剤として、乳幼児期早期に、両親にアレルギー素因があり、母親が周産期から授乳期を通じて内服した場合に最も効果的であるとの暫定的な結論が導かれると思われるので、①両親にアレルギー体質がある場合、②両親あるいは兄・姉のいずれか一人がアトピー性皮膚炎を罹患していた場合、③母親が妊娠中に何らかのアレルギー症状を示していた場合、はアトピー性皮膚炎発病の危険性が高いので、母親は妊娠後期の35週目頃から、生まれた乳児には生後2ヶ月目頃から、Probioticsを投与することでアトピー性皮膚炎の発病が予防できると期待されている。


スポンサーサイト

カテゴリ:アトピー
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。