TOPスポンサー広告赤ちゃんの肌のトラブル;アトピー・アレルギーの原因は乳酸菌不足

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPアトピー赤ちゃんの肌のトラブル;アトピー・アレルギーの原因は乳酸菌不足

赤ちゃんの肌のトラブル;アトピー・アレルギーの原因は乳酸菌不足

今までの記事で既にお解りの通り、赤ちゃんと子どものアトピー・アレルギーが近年増加している一番の原因は赤ちゃんの腸内で共益性乳酸菌が減っていることであります。このことは私が一人で提唱しているのではなく、世界の小児・新生児アレルギー専門家が認めていることです。

私たち人類の腸に棲む乳酸菌は、遺伝的に決まった部分と環境から受け継ぐ部分の両方があります。世界の医師たちが主張しているのは、環境因子として赤ちゃんが人類に特有の乳酸菌叢を母親から受け継がないで育っていることが、アレルギー・アトピーの発病原因だということです。

アトピーアレルギーの発病原因である乳酸菌の不足を補うために、妊婦さんと乳児には乳酸菌の投与が不可欠ですが、乳酸菌なら何でも良いわけではありません。
(1)何よりも赤ちゃんに有用な菌でなければなりません。生きたビフィズス菌と乳酸桿菌が赤ちゃんには一番有効です。
(2)赤ちゃんの腸内でアレルギー性炎症を防ぐには生きた乳酸菌でなければ効果は現れません。死んだ菌をいくら飲んでも無駄なことです。このことは医学実験で証明されています。
(3)生きたままで腸内まで届いて最大の効果を発揮する菌はブレーベ菌です。
(4)アシドフィルス菌が腸内で作るビオチンは美肌効果が大きいビタミンで、美肌ビタミンとも呼ばれています。
(5)ビフィズス菌を育てるオリゴ糖が赤ちゃんとアトピー児の腸内環境を正しく整えることがわかっています。

 以上の根拠から現時点では《ベストトリム乳酸菌》が赤ちゃんと子どものアトピーに最適の乳酸菌だと私は考えています。
スポンサーサイト

カテゴリ:アトピー
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。