TOPスポンサー広告妊娠中にビフィズス菌+乳酸桿菌を飲むと赤ちゃんのアレルギーの予防のみならず、母親の妊娠糖尿病を3分の1に予防できる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPアトピー妊娠中にビフィズス菌+乳酸桿菌を飲むと赤ちゃんのアレルギーの予防のみならず、母親の妊娠糖尿病を3分の1に予防できる。

妊娠中にビフィズス菌+乳酸桿菌を飲むと赤ちゃんのアレルギーの予防のみならず、母親の妊娠糖尿病を3分の1に予防できる。

 妊娠中にプロバイオティクス(ビフィズス菌+乳酸桿菌)を飲むことが母親と胎児の両方にとって、健康に良い効果をもたらすという医学実験結果を、フィンランドの Erika Isolauri のグループが発表しています。彼女らのグループは、乳酸菌で乳児のアトピー発病を半分に減らすことが出来ると、2001年に英国の医学雑誌Lancetに世界で最初に発表して以来、常にプロバイオティクスの臨床医学研究で世界をリードしてきています。原著はLuoto R, Laitinen K, Nermes M, Isolauri E. ”Impact of maternal probiotic-supplemented dietary counselling on pregnancy outcome and prenatal and postnatal growth: a double-blind, placebo-controlled study.” Br J Nutr. 2010 Jun;103(12):1792-9. Epub 2010 Feb 4.からの抜粋です。

 周産期の栄養環境は母親と子どもの両方に長期間にわたって健康と幸せに強く影響します。この研究の目標は、周産期に乳酸菌サプリメントを投与して栄養指導を行うことの安全性と有効性を、妊娠中と胎児期と赤ちゃんの成長経過を2年間にわたって観察し評価することです。合計で256名の母親が、妊娠の前期(3分の1期以前)に何もしないコントロール群と食事指導を受けるグループとに無作為に振り分けられました。食事指導群には栄養士による強い食事指導が行われ、さらに乳酸桿菌(LGG)+ビフィズス菌(Bb12)のサプリメントを投与する群とプラセボ投与群に2重盲験で無作為に振り分けられました。
 まず第一に、妊娠中のプロバイオティクス投与は妊娠糖尿病(GDM)を有意に、(投与群13%、非投与群36%、コントロール群34%、危険率=0.003)に減少させました。(GDM:妊娠中にはじめて発見または発症した糖尿病にいたっていない糖代謝異常で、あきらかな糖尿病は含めない。# 日本の基準では;75gOGTTにおいて次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。 1. 空腹時血糖値 ≧92mg/dL(5.1mmol/l) 2. 1時間値 ≧180mg/dL(10.0mmol/l) 3. 2時間値 ≧153mg/dL(8.5mmol/l)
 第二には、妊娠経過が正常であり、母親と子どもの両方に不利益な作用が認められなかったことから、この方法の安全性が確認されました。
 第三には、二つの干渉する効果が示唆されました。すなわちプロバイオティクス投与と栄養指導の併用は妊娠糖尿病のリスクを低下させると共に、栄養指導単独でも巨大児のリスクを体重で有意に(p=0.035、身長でp=0.028)低減させることです。

 今回の実験結果から、周産期の栄養指導とプロバイオティクス投与の併用は安全で費用効果の高いメタボリックへの対策であると考えられます。巨大児が妊娠後期の危険因子であることを鑑みると、今回の実験結果はこの危険性が修正可能なものであることを強調した点で、世界中の健康に対して重要なものであります。

 さて、フィンランドの Erika Isolauri のグループは2001年の世界的発表に続いて、妊娠糖尿病という分野で二度目の世界初の発表をしたことになり、同じ小児科医としましては全く頭が下がる思いでありますが、彼女たちが追い求めてきている、妊娠中と離乳期間中の乳酸菌プロバイトティクス(ビフィズス菌+乳酸桿菌)投与の効果を調べていて、ついでに発見した副産物の可能性もありますが、プロバイオティクスの投与が妊娠糖尿病リスクを3分の1にまで下げるというのは実に衝撃的な報告であります。
 なぜならば妊娠糖尿病は母親自身にとって、特にHbA1C6.1%以下で75gOGTT2時間値≧200mg/dLの場合は、明らかな糖尿病とは判定し難いので、High risk GDMとし、妊娠中は糖尿病に準じた管理を行い、出産後は糖尿病に移行する可能性が高いので厳重なフォローアップが必要である、と述べられたとおり大変危険であります。また母体の合併症としては妊娠中毒症、尿路感染症、羊水過多症の危険性が増大します。妊娠糖尿病から起こりやすい赤ちゃんの症状としては巨大児の症状とそれに合併しやすい新生児仮死、低血糖症などが挙げられますので、プロバイオティクスは母体と妊娠経過中に加えて赤ちゃんへの危険因子をも大幅に減少させることでしょう。

 前2回の記事とも合わせて、赤ちゃんのアトピ-を防ぐ観点からも考えるならば、妊娠がわかった時点から乳酸菌プロバイオティクス(ビフィズス菌+乳酸桿菌)を飲み始めることは、母親と赤ちゃんの大きな幸福に直結する素晴らしい方法だと思われます。ベストトリム乳酸菌には赤ちゃんのアトピーを防ぐのみならず、母親の糖尿病、妊娠中毒症、尿路感染症、羊水過多症、新生児の仮死と低血糖症までも防ぐ大きな効果が期待できるのです。
スポンサーサイト

カテゴリ:アトピー
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。