TOPスポンサー広告韓国でも乳酸菌で子どものアトピーを予防する医学データが報告されています|このままで日本の子どもは大丈夫か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPアトピー韓国でも乳酸菌で子どものアトピーを予防する医学データが報告されています|このままで日本の子どもは大丈夫か?

韓国でも乳酸菌で子どものアトピーを予防する医学データが報告されています|このままで日本の子どもは大丈夫か?

 ビフィズス菌2種類と乳酸桿菌を混合して使用した最新のプラセボ使用2重盲験試験から、共益性乳酸菌プロバイオティクスのアトピー性皮膚炎予防に対する有効性を再度認識させた医学実験を紹介いたします。原著は、Kim JY,et.al:”Effect of probiotic mix (Bifidobacterium bifidum, Bifidobacterium lactis, Lactobacillus acidophilus) in the primary prevention of eczema: a double-blind, randomized, placebo-controlled trial." Pediatr Allergy Immunol . 2009 Oct 14. 韓国ソウル大学からの報告です。今回も文献からのダイジェスト版で紹介いたします。

 アトピーの湿疹は特に小児期によく診られる病気で、世界的にも増加傾向にあることが最近の統計でも指摘されています。韓国では1995年から2000年までの5年間で、6才から12才の子どものアトピー性皮膚炎罹患率は19.7%から27.5%にまで増加しました。このような増加の背景には、乳児期早期の微生物との接触機会の現象によりTh-2型リンパ球優位の免疫系が作られ、その結果アレルギー体質になり発病しやすい;いわゆる環境衛生仮説が唱えられています。

 最近になって、腸内細菌叢が正常な腸管粘膜バリア機能の維持と食物抗原への耐性獲得に重要な役割を担っていることが強調されています。無菌的に飼育されたマウスは食事アレルギーへの経口耐性獲得が不可能で、Th-2系免疫反応が持続的に強化されるのに対して、新生時期に腸内細菌叢を再建すると、この免疫以上を修正することが出来ます。アレルギーの子どもの腸にはビフィズス菌と乳酸桿菌が少なくて、クロストリデュム属の悪玉菌が多いことが、アレルギーのない正常な子どもに比べて指摘されています。また特定の腸内細菌はToll協同性タンパク質を増やし、その結果アレルゲンへの経口耐性が獲得されるとの知見もあります。以上より、ある種の腸内細菌がレギュラーT細胞の調整に関与し、アレルギー体質とアトピーの発病を抑制することが示唆されます。

 妊娠中と乳児期早期に乳酸菌サプリメントを投与することで、赤ちゃんと子どものアトピー性皮膚炎を予防できるかどうかには、現在もなお反対意見が残っています。乳酸桿菌LGGを妊娠中と乳児期に投与することで、2才時点のアトピー発病を予防でき、この効果は7才まで持続することが医学的に確かめられています。しかしながら、喘息とアレルギー性鼻炎には予防効果は有りませんでした。
 また別の報告では、アシドフィルス菌(LAVRI-A1)を投与してもアトピーの有病率と重症度は変わりませんでしたが、1才時点でのアレルギー過敏性検査は改善しました。これらの相反する実験結果は、赤ちゃんへのプロバイオティクス乳酸菌のサプリメント投与がアトピー予防効果があるかどうかを、一層詳しく検証する必要があることを示しています。
 今回の実験では私たちは、妊娠中と乳児期にビフィズス菌とアシドフィルス菌を投与して、アトピー性皮膚炎の発病と食物アレルギーの発症を予防できることを確かめました。

 実験はプラセボ対照の2重盲験試験で、アトピー性皮膚炎の発病をプロバイオティクス投与で予防できるかどうかを調べました。2005年1月から2006年1月までの期間、アレルギーの家族歴を持つ112人の妊婦さんがSamsung医療センターで集積されました。アレルギーの家族歴は、(1)両親か兄姉のいずれか一人以上が医師によってアレルギーであると実験開始時に診断されている、あるいは(2)両親のいずれかが過去に喘息あるいはアレルギー性鼻炎に罹患した病歴があり、ダニ特異IgE値が1.0kU/Lであることで判断しました。

 プロバイオティクス投与群の妊婦さんには、ビフィズス菌2種類(B.bifidum BGN4; B.lactis AD011) とアシドフィルス菌(AD031)がそれぞれ16億個ずつ賦形剤と共に出産予定日の8週間前から産後3ヶ月間投与されました。赤ちゃんは3ヶ月までは完全母乳で育てられ、4ヶ月目からは母乳か育児ミルクか湯冷ましのいずれかに溶かしてプロバイオティクスが投与されました。プラセボグループには賦形剤だけが投与されましたが、袋の外観、中身の見た目、臭い、味共に区別できませんでした。
 全ての母親は3ヶ月まで完全母乳が義務づけられ、ピーナッツと卵とヨーグルト等のプロバイオティクス類の食用が制限されました。先天性の病気があった一例が解析から除外されました。実験は倫理規定に準拠しデータはISRCTN26134979に登録されました。

 赤ちゃんは3ヶ月、6ヶ月、1才時にアトピー性湿疹とアレルギー疾患の有無を診察され、アトピー性皮膚炎の診断は Hanifin & Rajka の診断基準に従いました。診断はプラセボかどうかを知らされていない小児アレルギー専門家によって下されました(2重盲験試験)。1才時に血液検査でアレルゲン特異IgEと総IgEが測定されました。

 我々の予想では、アトピー性皮膚炎ハイリスク群での湿疹累積罹患率は60%に到達し、プロバイオティクスの投与で30%まで減少できると考えられました。今回の実験デザインは危険率5%で80%以上の精度で、被験者数はそれぞれ55人で、15%の中断が容認できます。実験の全課程を完了したのはプロバイオティクス群33組、プラセボ群35組の母子でした。実験開始時の両群の背景には有意差はありませんでした。

 実験参加乳児が3ヶ月時の湿疹発現率はプロバイオティクス群/プラセボ群で 18.6% 対 34.8% (p=0.086) と統計的有意差は認められませんでした。6ヶ月時には 20.0% 対 40.5% (p=0.053) と統計的有意差は認めませんでした。1才時には 18.2% 対 40.0% (p=0.048) と有病率を半分以下に低減でき、統計学的有意差が確認されました。アトピーの累積罹患率は 36.4% 対 62.9% (p=0.029) でアトピー性皮膚炎の累積罹患率を有意に減少できました。
 1才時の特異的IgE検査値には両群で有意差はありませんでした。

 日本に一番近い隣国のソウルではアトピー性皮膚炎に対する予防意識が高く、この点で日本はもしかすると先進工業国で一番遅れているのではないかと危機感を感じる発表でした。少なくとも日本の医師の間ではこのような乳酸菌プロバイオティクスによるアトピー予防の意識すら持たれていなく、小児アレルギー系の医学会でも1例報告すら見あたりません。このままでは日本は子どもの予防医学がアジアで一番遅れた国になってしまうのではないでしょうか?

 その様な危機感を払拭するために、1998年に小生が世界に先駆けて発見したビフィズス菌とアシドフィルス菌を使用して赤ちゃんと乳児のアトピー性皮膚炎を予防する特許がベストトリム乳酸菌として製品化されたのです。韓国の実験は内容的には小生の特許第4010062号を2重盲験試験で確認した間接的な証明となっています。変化しているのはアトピーの罹患率が1996年当時からはずいぶん高くなっていることです。
 世界に先駆けて発見されて実用化されたビフィズス菌とアシドフィルス菌を含むベストトリム乳酸菌が、日本の子どもたちのアトピー予防に使われ、日本からアトピーで苦しむ人がいなくなることを心から願っております。
スポンサーサイト

カテゴリ:アトピー
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。