TOPスポンサー広告アトピー性皮膚炎を防ぐ保健食品の特許

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPアトピーアトピー性皮膚炎を防ぐ保健食品の特許

アトピー性皮膚炎を防ぐ保健食品の特許

世界初の快挙 特許取得

(1) 特許の概要

 乳幼児期にビフィズス菌やアシドフィルス菌を投与することでこどものアトピー性皮膚炎を予防し減少させることに世界で初めて成功し特許が認められた。アトピー性皮膚炎の発病原因を乳幼児期の生育環境変化による腸内細菌叢変革に伴うTリンパ球の異常な生育に有ると考案し、社会的問題とも言われたアトピー性皮膚炎を根本的に解決する方法として世界中のアトピーで悩む両親への朗報だ。焼津市の小児科開業医が独自に研究を進めて特許を獲得したことは、少子化と子育て不安に悩む父母たちを勇気づけ、地域の小児科を見直し、地方の小児科医師不足に歯止めをかける効果を期待したい。

(2) 特許の詳細 

【発明の名称】 アトピー性皮膚炎を防ぐ保健食品

【出願日】 平成10年9月2日

【特許番号】 特許第4010062号

【特許権者】 医療法人社団青藍会

【発明者】 林隆博

【従来の技術】 アトピー性皮膚炎にかかる恐れの有る子供が毎日食べ続けることでアトピー性皮膚炎にかかりにくくなるアトピー性皮膚炎発病予防効果のある保健食品には、従来より米や牛乳などの食品に加水分解処理を加えて蛋白質を変化させてアレルギーの原因となる蛋白質の抗原性を低下させた低アレルゲン食品が有ったが、製造コストが高く、製品の風味・味覚が著しく損なわれる欠点が有った。

【発明が解決しようとする課題】 本発明では、食品を加水分解で低アレルゲン化する事なくアトピー性皮膚炎の発症を予防する効果のある保健食品を作った。従来より乳幼児や子供の食べるものは衛生的で無菌であるべきとの見解が強く納豆・ヨーグルト等の一部の食品を例外として、子供用の食品に生きた細菌類を添加する事は避けられていた。乳酸菌を用いた食品であるヨーグルトが便秘の改善に有用との認識は既に有ったが、ヨーグルトは牛乳の蛋白質を豊富に含むために逆にアレルギーを引き起こす可能性が有る為、アトピー性皮膚炎の予防の目的では使用できなかった。

【発明の実施の形態】 静岡県焼津市でアトピー性皮膚炎の治療を専門としている『西焼津こどもクリニック』で、両親あるいは兄弟にアレルギー歴が有る事から将来かなり高い確率でアトピー性皮膚炎を発症すると予想された乳児湿疹を持つ2歳未満の子どもの対象群に、育児用粉ミルクを調整する時に先に述べたように粉ミルク200g中にビフィズス菌を概数で100億個から10億個、アシドフィルス菌を10億個から1億個程度含むようにドライパウダーにしたヒト腸内細菌類を配合して毎日続けて飲用させた。同様に家族歴・病歴から高率にアトピー性皮膚炎を発症すると予想された幼児の食べる食品の中に前項の2)で述べたように生きた乳酸桿菌属の乾燥抽出物を混入させて毎日食べさせ続けた。母乳栄養を行っている場合には前項の3)で述べたような乳酸桿菌属乾燥抽出物を授乳時に直接乳首に付けて毎日与えた。与える量は1日量換算でビフィズス菌を500億個、アシドフィルス菌を50億個程度摂取するようにした。

【発明の効果】 両親のいずれか一人にアレルギー疾患を経験した人がいる場合に子どもがアレルギー疾患を発病する確率はおよそ40%程度、両親の両方にアレルギー疾患を認める場合には子どもがアレルギー疾患を発病する確率はおよそ50%程度との認識が一般的である。今回実験対象とされた子どもの群は、両親兄弟のいずれか一名以上にアレルギー疾患を有する人がいる場合と、乳児期早期に全身性に重症の湿疹病変を認めており、しかも2週間のステロイド剤を含む外用療法で症状の改善を認めなかった2歳未満の乳児で、体の顔面頭部、胸腹部、背臀部、上肢、下肢の5カ所のうち最低2カ所以上の皮膚に左右対称性の湿疹病変を有する子どもの集団であった。この集団中の将来のアトピー性皮膚炎発病確率を40%以上と予測することには十分な妥当性がある。
  この将来40%以上の確率でアトピー性皮膚炎を発病すると予想された子どもの群に対して本発明のアトピー性皮膚炎を防ぐ食品を、発明の実施の形態のところで述べた方法で毎日与えて観察を続けたところ、半年以上の観察期間で、対象群105中でわずか9名8.6%の子供の皮膚にアトピー性皮膚炎の症状が見られただけで、他の大多数の子供のアトピー性皮膚炎の発病を予防できた。本発明では食品に加水分解等の処理を加える事なく、子供のアトピー性皮膚炎の発症を予防する食品を作る事ができた。子供のアトピー性皮膚炎の発症の原因については食品の影響が大であることは既に指摘されていたが、現在まで有効な解決策は知られていない。本発明は従来のアトピー性皮膚炎予防用食品の持つ欠点を解決して、食品の風味・味覚を損なう事なく安価かつ大量にアトピー性皮膚炎を防ぐ食品を製造する事を可能にした。この事は現在まだ治療法さえ確立されていない子供のアトピー性皮膚炎を発症以前に予防することで医療費の抑制・薬剤使用量の削減等の経済的効果を始め、教育的効果、産業振興的効果、保健的効果が期待できる。

(3) 特許についての問い合わせ

診療の混乱を避けるために特許についての一般のお問い合わせはホームページ

http://119c.web.fc2.com/ に設置しましたメールフォームをご利用下さい。
スポンサーサイト

カテゴリ:アトピー
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。